うなぎとゴボウの炊き込みご飯

暑い夏の季節にピッタリのレシピ。

『うなぎとゴボウの炊き込みご飯』の作り方をご紹介します。

夏は『気』『血』『津液』の消耗が激しいので、疲れが抜けなかったり、体が重たくダルいという人も居るかと思います。

そんな時は、うなぎを食べてエネルギーを補充しましょう!

またゴボウには、体にこもった熱を冷ましてくれるので夏にピッタリの食材です。

  • 風邪の予防
  • 便秘の解消

などの効果もありますよ!

詳しくは、下記の薬膳効果の欄をご覧下さい!

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • キーワードで検索

うなぎとゴボウの炊き込みご飯の材料(4〜5人前)

  • お米・・・3合
  • うなぎ・・・1尾(約150g)
  • ゴボウ・・・1本(約80g)
  • 舞茸・・・½個(約45g)

A

  • だし(水)・・・450ml
  • 醤油45g
  • 酒45g

炊き込みご飯の合わせ調味料の黄金比は、【だし(水):醤油:酒=10:1:1】

簡単なだしの取り方は、下記の記事を参考にして下さい。(昆布だし、かつおと昆布の合わせだし、どちらでもOKです。)


https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

例えば、お米が1合の場合【150ml:15g:15g】になります。

うなぎとゴボウの炊き込みご飯の情報(4〜5人前)

【調理目安時間】約1時間

【カロリー】2159kcal(1人前あたり539kcal)

【材料費】1000円前後(1人前あたり約250円)

【塩分量】約9.7g(1人前あたり約2.4g)

カロリーはおよその数値になります

うなぎとゴボウの炊き込みご飯の薬膳効果

このレシピは、陰虚タイプ(※)の方に特におすすめのレシピです。(気虚タイプ血虚タイプの方にもおすすめ)

陰虚タイプの方は、体にこもった熱により潤い不足になり、肌が乾燥して便秘になりがちです。

「うなぎ」は気と血を補い、「ゴボウ」は体にこもった熱を冷まして毒素を取り除いてくれます。

食物繊維が豊富なゴボウは、腸内環境を整えて免疫力をアップさせてくれるので

・便秘の解消
・風邪予防
・のどの痛みの緩和

などの効果があります。

疲れて元気がない時、風邪で喉が痛いときなどに食べると良いです。

食欲がない時は出汁をかけて、お茶漬け風にすると良いですよ。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)こちらの『体質診断チェック』から、あなたの体質を診断する事ができます。
あなたの体質に合ったレシピをご用意してますので、参考にしてみて下さい。

うなぎとゴボウの炊き込みご飯の作り方

①食材の下ごしらえ

  1. ゴボウはよく洗って砂を落としたら、ピーラーで皮をむく。
  2. 包丁で縦に4〜5本切り込みを入れて、その上からピーラーで削ってささがきにする。(※)
  3. ささがきにしたゴボウは、5分ほど水にさらしてアクを抜き、ザルにあげて水をよくきっておく。
  4. 舞茸は、根元を切り落として手で割いておく。
  5. うなぎは頭を落として縦半分に切り、3センチ幅くらいに切っておく。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)大きめのゴボウがお好きな方は、切り込みを入れなくても良いですよ!

②炊き込みご飯を炊く

  1. お米を洗ったらザルで水気を切り、炊飯器に入れる。
  2. 炊飯器にAの合わせ調味料を加えて、下ごしらえしたゴボウ、舞茸、うなぎをのせる。
  3. 炊飯器の「炊き込みご飯モード」で炊く。

お米の洗い方は、下記の記事を参考にして下さい。

③盛り付け

  1. 炊き上がったら、うなぎが崩れないように取り出してからご飯をしっかり混ぜ合わせる。
  2. 混ぜたら、うなぎを炊飯器に戻す。
  3. お碗に盛り付けたら完成です。

【補足】

・『うなぎとゴボウと炊き込みご飯』のお供にはトマトがおすすめ。
体にこもった熱を冷まし潤いを与えてくれるので陰虚タイプの方は食べましょう。

・便秘や風邪予防の為に、食物繊維が豊富なキノコ類を複数くわえるのもオススメです。
・気虚タイプ、血虚タイプの方は山芋のすりおろしと卵黄をのせて丼にすると良いです。

まとめ:便秘や風邪予防、疲れやすい体質の方は食べよう!

元々、疲れやすく体力のない体質の人は、夏になるとさらに辛くなるかと思います。

これは、季節の影響なので仕方がない事です。

ただ、体力をつけなきゃと無理に食べる必要はないので、お腹が空いた時に少しずつ食べるようにしましょう。

あとはストレスをため込まないようにしたり、夜更かしせずにしっかり睡眠と休息をとる工夫も大事ですよ。

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事