イチゴのラッシーの作り方・レシピ

今回は3〜4月頃(春)に旬を迎えるイチゴを使って【イチゴのラッシー】の作り方をご紹介したいと思います!

イチゴには体内の津液(水分)を補ってくれる作用や、肝にこもった熱を抑える作用があります!

・のどの乾燥
・ストレス解消
・むくみ
・食欲不振
・便秘予防

上記のような効果が期待できます!

これから夏になると夏バテや疲労もたまってくると思うので、イチゴのラッシーを飲んで体をクールダウンしてみてはいかがでしょうか。

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • 検索キーワード

イチゴのラッシーの材料(1人前)

イチゴ・・・80g(小サイズ6個ほど)
プレーンヨーグルト・・・100g
牛乳(※)・・・100ml(½カップ)
ハチミツ・・・大さじ1(21g)
イチゴ(飾り用)・・・1個

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)牛乳を豆乳などに変えてもOKです。

イチゴのラッシーの情報(1人前)

【調理目安時間】5分

【カロリー】216kcal

【材料費】100円以下

【塩分量】0g

カロリーはおよその数値になります

イチゴのラッシーの薬膳効果

冒頭で少しお話しましたが、体を冷やす性質をもつ「イチゴ」「ヨーグルト」を組み合わせる事で下記の効果がよりアップします!

また花粉症による目のかゆみや、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が免疫力アップに効果的ですよ!

イチゴのラッシーの作り方

①イチゴの下ごしらえ

  1. イチゴは流水でよく洗い、ヘタを取っておきます
  2. おろし金を使いイチゴをすり下ろします(※)

(※)おろし金以外にもミキサーやフードプロセッサー などでもOKです。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

つぶつぶ感が苦手な人はザルなどの網で裏ごしするといいですよ!

②イチゴのラッシーの仕上げ

  1. ボウルに、ヨーグルト・ハチミツ・牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせます。
  2. グラスに氷を入れ、ヨーグルトなどを合わせたものと①のすりおろしたイチゴをいれて軽く混ぜ合わせます。
  3. グラスの口に、イチゴを添えたら完成です。

まとめ:熱い夏にぴったりのドリンク

春から夏にかけてどんどん気温が高くなってくるので、イチゴのラッシーのようなさっぱりとしたドリンクが体をクールダウンさせ夏バテや食欲不振を改善してくれます!

とても簡単に作れますので、ぜひ一度作って飲んでみて下さいね!

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事