しめ鯖のオイルマリネの作り方・レシピ

サバ・玉ねぎ・オリーブオイルには血液サラサラにする栄養素がたくさん含まれています。

血液の流れが悪く、

・生理痛
・肩こり
・頭痛

などの症状が出やすい人は食べると良いです。

生食なので新鮮なサバを使って作るようにしましょう!

またアニサキスが気になる方は、酢締めした後にラップして1日ほど冷凍しておけば良いです。

新鮮なサバが手に入った時はぜひ作ってみて下さい。

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • キーワードで検索

しめ鯖のオイルマリネの材料(2人前)

・サバ・・・1尾
・塩・・・適量
・白ワインビネガー・・・適量
・オリーブオイル・・・適量
・オイル玉ねぎ(付け合わせ)・・・お好み
・ピクルス(付け合わせ)・・・お好み

※白ワインビネガーの代わりに普通の穀物酢でも大丈夫です。

オイル玉ねぎの材料

玉ねぎ・・・1個
塩・・・小さじ1
オリーブオイル・・・玉ねぎが漬かるくらい

しめ鯖のオイルマリネの情報(2人前)

【調理目安時間】半日くらい

【カロリー】404kcal

【材料費】300円前後

カロリーはおよその数値になります

しめ鯖のオイルマリネの薬膳効果

血を補う「サバ」と、血の巡りをよくしてくれる「酢」「玉ねぎ」の組み合わせは、瘀血タイプの人におすすめです。

生理不順
貧血・立ちくらみ
肩こり
頭痛
吹き出物

上記のような不調の改善に効果的です。

生食などは体を冷やして血の巡りを悪くする為ひかえた方がよい食べ方なのですが、

  • オリーブオイル
  • 玉ねぎ

などの温性(体を温める)の食材をプラスする事で冷えを緩和するようにしてあります。

しめ鯖以外にも「サバのエスカベッシュ」なんかもオススメです。

エスカベッシュの作り方は、下記の記事を参考にしてください!

しめ鯖のオイルマリネの作り方

①オイル玉ねぎを作る

  1. 玉ねぎは薄くスライスしたらボウルに入れ、塩を入れてもみこみ、30分程放置しておきます。
  2. 水分がでてくるので絞りながら、タッパーなどの保存容器に移し、オリーブオイルをひたひたになるまで加える!
  3. ほど休ませておくと味が馴染んでより食べやすくなります
  4. 冷蔵庫で、約2週間くらい保存可能です!

②サバの下ごしらえ

  1. サバを3枚に下ろし、キッチンペーパーなどて水分をしっかり拭き取る。
  2. バットにサバ を入れたら塩をたっぷり振り、約30分ほど冷蔵庫で休ませる。(塩をする事で、サバの臭みをとり余分な水分が抜けます)
  3. サバ についた塩を流水で洗い流し、キッチンペーパーでよく水分を拭き取ったら、新しいバットに白ワインビネガーを浸かるくらい入れて30分〜1時間ほど漬け込む。(アニサキスが気になる人は酢締めした後にラップして冷凍すると良いです)
  4. 軽く水分を拭き取り、腹骨と中骨をとり皮をひきます!(サバの皮は薄いので手で引っ張れば簡単に取れます)

白ワインビネガーの漬け込む時間は、お好みで調整して下さい。
僕はほんのり酸味があるくらいが好きなので漬け込み時間は控えめにしてあります。

③オリーブオイルに漬け込む

  1. 下ごしらえが終わったサバをオリーブオイルに約半日くらい漬け込む(ラップを被せれば、少量のオリーブオイルでもしっかり浸かります)
  2. お好みの大きさに切り、ピクルスとオイル玉ねぎを添えて完成です。

お好みでワサビ醤油につけて食べても美味しいですよ!

【補足:オイル玉ねぎの使い道】

・お肉にかける
・カルパッチョにかける
・冷奴にのせる
・パスタに加える
・唐揚げにかける
・サラダにかける

作り置きしておくといろいろ使えて便利です。

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事