生カツオとアボカドの生春巻きの作り方・レシピ

今回ご紹介するのは『生カツオとアボカドの生春巻き』です。

夏が旬のカツオには鉄分が豊富に含まれているので貧血予防にピッタリ!

また薬膳においてカツオとアボカドの組み合わせは、「気」「血」「津液を補ってくれるので夏バテ疲れた時に食べるのがおすすめですよ。

詳しい薬膳の効果効能は、下記の「薬膳効果」の欄をご覧ください。

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • キーワードで検索

生カツオとアボカドの生春巻きの材料(2人前)

  • カツオ・・・100g
  • アボカド・・・½個
  • サニーレタス・・・20g
  • 大葉・・・4枚
  • ライスペーパー・・・2枚

生カツオのつけだれ

  • 醤油・・・大さじ2(30g)
  • みりん・・・大さじ2(30g)
  • すりおろし・・・生姜5g

和風ソース

  • 醤油・・・大さじ1(15g)
  • 酢・・・大さじ1(15g)
  • ごま油・・・小さじ½(2g)
  • 白ごま・・・小さじ1(5g)

お好みでマヨネーズを添えても美味しいですよ!

生カツオとアボカドの生春巻きの情報(2人前)

【調理目安時間】30分以上

【カロリー】489kcal(1人前あたり244.5kcal)

【材料費】300円前後

【塩分量】約2.4g(1人前あたり1.2g)

カロリーはおよその数値になります

生カツオとアボカドの生春巻きの薬膳効果

夏は気・血・津液の消耗が激しいのでバテやすくなります。

カツオには「血」「気」を、アボカドには「気」「津液」を補う作用があります。

さらにカツオと大葉には食欲増進効果もあるので、夏バテで疲れた時や食欲がない時にピッタリの食材の組み合わせです。

上記のような悩みのある方は、この料理を食べてしっかりと予防するようにしましょう。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

カツオは鉄分も豊富に含んでるので貧血予防にもピッタリですよ!

生カツオとアボカドの生春巻きの作り方

①生カツオのつけだれの準備

  1. ボウルに醤油、みりん、すりおろし生姜を入れて混ぜ合わせておく。

②食材の下ごしらえ

  1. 生カツオは、皮をひき1㎝くらいの棒状に切る。(※1)
  2. 生カツオのつけだれに30分ほど漬け込む。
  3. アボカドは、縦半分に包丁を入れて回転させながら一周切り込みを入れる。
  4. 両手でねじるようにひねって2つに分けたら種を取り除く。(※2)
  5. アボカドをさらに半分に切り皮をむいたら、1㎝くらいの棒状に切っておく。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※1)カツオの血合いが気になる人は取っておくと見た目がキレイになります!

(※2)アボカドの種は包丁の刃元をさして、ぐるっと回転させるようにひねると取れますよ!

③ライスペーパーで巻く

  1. ライスペーパーを流水で10秒くらい濡らす。
  2. ライスペーパーの上に大葉、サニーレタス、アボカド、生カツオの順に並べる。(※1)
  3. 具を押さえながら手前からグルっと巻いたら、具材が飛び出さないように両サイドを折りこむ。
  4. しっかり巻きつけるように手前に引きながら最後まで巻く。(※2)

(※1)中に自家製マヨネーズを入れても美味くておすすめです!


(※2)手前に引きながらしっかり巻かないと、食べる時に中の具材が出てくるので注意

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

生春巻きを作る時は、ラップをかけたお皿の上で作業するとやりやすいですよ!

ちょうどいいお皿がない時は、濡れ布巾の上もおすすめ。

④盛り付け

  1. 斜め半分にカットしてお皿に盛り付ける。
  2. 和風ソースの調味料を合わせたものを添えたら完成です。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

ピリ辛が好きなら少しラー油を加えても美味しいと思いますよ!

【補足】

・アボカドは色が変わりやすい野菜なので、レモン汁をふりかけておくと変色を防ぐことができます。

おまけ:生カツオのアボカド丼

あまったカツオやアボカドは丼にしても美味しいです!

  1. 丼にご飯を盛ったら、サニーレタスをしいてアボカドと生カツオをつけだれごと入れます。(※)
  2. 真ん中に卵黄とワサビをのせて、白ごまをふりかけたら完成です!
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)生カツオのつけだれは、入れ過ぎると辛くなるので加減して入れて下さい

まとめ:貧血や夏バテなどの疲れた時に食べよう!

夏はとても疲れが溜まりやすい季節。そして、貧血になるとめまいがしてきたり、イライラしてしまいます。

そんな疲れが溜まった時には作って食べてみて下さい!

和風ソースには「酢」を加えてるので、サッパリして食べやすいですよ!

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事