黄金比で作る、基本のカツ丼の作り方・レシピ

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/ryouri_woman_manaita1-300x300.png
かつ丼を美味しく作りたい人

「カツ丼を誰でも美味しく作れる…そんな夢のような黄金比が知りたいな。
とにかく簡単に作りたいな。」


そんな人におすすめのレシピです。

カツ丼の黄金比はこちら

【めんつゆの素:だし】=【1:3】

この黄金比を使えば料理初心者でも簡単に美味しいカツ丼が作れます。

間違いなく普通の飲食店で食べるカツ丼の10倍は美味しいですよ。

30分もあればカツ丼が出来ますのでぜひ作ってみて下さい!

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

「めんつゆの素」と「だしの取り方」は下の記事を参考にするとOKです。

・めんつゆの素の作り方は、かつおと昆布の合わせだしの取り方【初心者はポットの湯を使おう】で解説してます。

・合わせだしの取り方は、簡単めんつゆの素の作り方・レシピ【黄金比おしえます】で解説してます。

簡単めんつゆの素の作り方・レシピ【黄金比おしえます】

めんつゆの素は、1か月以上保存がきくので作り置きしておけばいろいろな料理に活用できるのでかなりオススメです。

・めんつゆの素の活用法を知りたい人は、基本の味付けは調味料の黄金比で覚えよう!【おすすめのレシピ本も紹介します】にまとめてあります。

  • 材料
  • 情報
  • キーワードで検索

カツ丼の材料(1人前)

  • 豚ロース・・・1枚(約150g)(※1)
  • 玉ねぎ・・・⅓個(約40g)
  • 卵(仕上げ用)・・・2個
  • 三つ葉・・・お好みで(※2)
  • 塩・胡椒・・・少々

揚げ衣

  • 薄力粉・・・少々
  • 卵(衣用)・・・1個
  • パン粉・・・少々(※3)

丼つゆ【1:3】

  • めんつゆの素・・・15g
  • 合わせだし・・・45g

(※1)豚ロースは、厚めの方がジューシーで柔らかくて美味しくなります
(※2)三つ葉が苦手な人は、ブロッコリースプライトなどでもOK。栄養価も高くクセがなくて食べやすいです。
(※3)パン粉は生パン粉を使うとサクサクしてより本格的なカツ丼になります

カツ丼の情報

【調理目安時間】・・・約30分

【カロリー】・・・928kcal

【材料費】・・・300円前後

カロリーはおよその数値になります

①丼つゆの作り方

  1. めんつゆの素と合わせだしを【1:3】の割合で混ぜ合わせます。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

必ずこの【1:3】の黄金比を守ろう。そうすれば美味しいカツ丼になるよ!

②具材の下ごしらえ

  1. 玉ねぎは5mm幅くらいの薄さに切ってきましょう
  2. 三つ葉は1センチ幅くらいに切っておく。
  3. 豚ロースは包丁で筋を断ち切ったら塩・胡椒して、薄力粉→卵→パン粉の順につけておこう。(※)
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)包丁で筋を切る事で揚げた時に反り返るのを防ぐ役割があるよ。
また食べた時の食感もよくなるなで面倒くさがらずにやろう!
また、薄力粉はうすくつけるのがポイントだよ。

③豚ロースのカツを揚げる

  1. フライパンに油を入れたら中火で180度くらいまで温める→よく温まったら弱火〜中火の間くらいに火加減を落としておこう。(※)
  2. ②の下ごしらえした豚肉を入れてキツネ色になるまで揚げます→ひっくり返して反対側もじっくり揚げる。
  3. キレイに揚がったら、キッチンペーパーの上で油を切りながらしばらく放置して余熱でじっくり火を通す。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)油の温度の確かめ方は菜箸を入れてみて、箸全体から細かい泡が出てきてたら180度くらいだ。

④カツ丼の仕上げ

  1. お皿に熱々の白ごはんとカツを乗せて準備しておく。
  2. 仕上げ用の卵は菜箸で軽く混ぜておく。(※)
  3. フライパンに玉ねぎと①の丼つゆを入れたら、中火にかけて玉ねぎが透明になるくらいまで30秒〜1分くらい煮込む。
  4. 卵を流し入れて上から三つ葉を散らして蓋をし30秒待つ。☚重要!
  5. 白ごはんとカツの上にかけて三つ葉を添えれば完成です。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)卵は混ぜすぎない事!黄身と白身は固まる温度が違うので、しっかり混ぜてしまうと同じ温度で固まってしまいカチカチの卵になってしまう

まとめ:黄金比を守れば誰でも美味しく作れる。

作り方のポイントをまとめるとこんな感じ…

・丼つゆの黄金比を守る
・豚ロースは筋を切っておく
・揚げる時は弱火〜中火の間の火加減で。
・カツは揚げた後に少し放置して余熱を利用して火を通す。
・卵は混ぜすぎない

このポイントを守りつつ作れば美味しいカツ丼が出来ます。

油の温度に関しては経験を積めば少しずつ分かるようになってきます。

家庭用のコンロなら油が温まると自然と弱火になるのでそのタイミングで入れたらOK!(油が冷えると強火に戻るので火加減の調整はしておく事)

美味しかったよ!って人はTwitterにコメントやフォローして頂けたら嬉しいです!

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事