大根菜の豚しゃぶサラダの作り方・レシピ

暑い夏にピッタリのレシピ『大根菜の豚しゃぶサラダ』の作り方・レシピをご紹介します。

大根菜には、お腹を丈夫にし消化を促進する作用があります。

夏は、大量の汗をかくのでついつい冷たい食べ物や飲み物を摂取しがち。

すると胃が冷えて機能が低下し消化不良や下痢の原因になります。

夏は胃の不調が出やすいので、大根や大根菜を食べて予防してみてはいかがでしょうか。

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • キーワードで検索

大根菜の豚しゃぶサラダの材料(2人前)

  • 豚肉・・・200g
  • 大根菜・・・1束

A

  • ごまドレッシング・・・大さじ2
  • ポン酢・・・大さじ1
  • 白ごま・・・お好みで

「ごまドレッシング」と「ポン酢」の作り方は下記の記事を参考にして下さい。


大根菜の豚しゃぶサラダの情報(2人前)

【調理目安時間】約10分

【カロリー】275kcal

【材料費】200円前後

【塩分量】約1g

カロリーはおよその数値になります

豚肉と大根菜の冷しゃぶサラダの薬膳効果

大根については冒頭で軽くお話しましたが、豚肉は「気」「血」「津液」を補ってくれるので疲れた時におすすめの食材です。

  • 元気がでない
  • 食欲がない
  • 疲れやすい
  • 乾燥肌
  • めまい
  • 生理不順

このような方は「気虚体質」「血虚体質」と言って、エネルギーや血が不足してる可能性があります。

豚肉はそんな方におすすめの食材です。

また大根には、気持ちを落ち着かせる作用もあるのでストレスを感じやすい人にもおすすめです。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

お腹を冷やすといけないので、温かいまま食べるのが大事ですよ!

大根菜の豚しゃぶサラダの作り方

①簡単ごまポン酢の作り方!

  1. ごまドレッシングとポン酢を【2:1】の割合で混ぜ合わせる。
  2. お好みで白ゴマを加える
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

「ごまドレッシング」と「ポン酢」の作り方は下記の記事を参考にして下さい。


②食材の下ごしらえ〜盛り付け

  1. 大根菜は流水でよく洗い、根元を切る。
  2. 沸騰したお湯に分量外の塩を加えたら、大根菜の根元の部分を入れて約1分ほど茹でる。
  3. 葉の部分も入れて20秒〜30秒ほどサッと茹でる
  4. 冷水で冷やして水分を絞ったらお好みの大きさに切っておく。
  5. 豚肉は、分量外の塩と酒を少し加えたら色が変わるくらいまでサッと茹でる。
  6. ザルにあげて水気を切っておく。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

豚肉を茹でる時は、酒を加えるとしっとりと茹でる事が出来ます。
ただ、茹ですぎるとパサパサになるので色が変わる程度でOKです。

③盛り付け

  1. お皿に大根菜と温かい豚肉をのせたら、自家製のごまポン酢を添えて完成です。

【補足】

ごまポン酢に「ゆずの果汁」を少し加えのもおすすめです。
ゆずにも大根と同様に、胃の調子を整えて消化を促進する作用があります。
何より味がさっぱりするので食欲がなくても食べやすくなるかと思います。
いろんな種類のキノコを茹でたり炒めたりして合わせても良いです。
おすすめのキノコは、気を補ってくれる「しいたけ」「舞茸」です。

まとめ:疲れやすい、元気がでない人は、豚肉でエネルギーを補給しよう!

夏はエネルギーを大量に消費するので、どうしても疲れが溜まりやすくなりがち。

そして冷たいものの食べ過ぎにより胃の調子が悪くなる事も多いです。

『大根菜の豚しゃぶサラダ』を食べて、エネルギーをしっかりとチャージしましょう!

【補足】に記載してある食材を加えると、より効果アップが期待できますよ。

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事