アジのピリ辛トマト煮込みの作り方・レシピ

夏が旬のアジとトマトを使って『アジのピリ辛トマト煮込み』の作り方をご紹介します。

アジは温性の食材なので冷えたお腹を温めてくれます。

夏はついつい冷たい食べ物をたくさん食べてしまい、お腹が痛くなったり、便秘や下痢になったりするので予防の為にも食べてみて下さい!

またアジなどの青魚は、血液をサラサラにしてくれる栄養素がたくさん含まれてるので日常的にも積極的に食べた方がいいです。

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • キーワードで検索

アジのピリ辛トマト煮込みの材料(1人前)

  • アジ(大)・・・1尾
  • トマト・・・1個
  • ニンニク・・・1片
  • 鷹の爪・・・1本
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 白ワイン・・・50ml
  • 塩・胡椒・・・少々
  • 薄力粉・・・少々
  • 大葉・・・1枚
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

白ワインが無ければ、酒で代用してOKです。

アジのピリ辛トマト煮込みの情報(1人前)

【調理目安時間】約15分

【カロリー】263kcal

【材料費】300円前後

【塩分量】約0.8g

カロリーはおよその数値になります

アジのピリ辛トマト煮込みの薬膳効果

アジには体を温める作用があります!

特に胃の冷えを改善してくれるので、冷たいものを食べ過ぎで起こる腹痛、便秘、下痢などに効果あり。

また、「脾」と「胃」の働きを高めるので食欲不振の時にもおすすめですよ!

鷹の爪を入れる事で体を温める作用を強くしたので、夏冷えで悩む方にピッタリのレシピにしてあります!

上記のような悩みの方もぜひ作って食べてみて下さい。

アジのピリ辛トマト煮込みの作り方

①アジの3枚下ろしの仕方

  1. アジのウロコを包丁の背で擦るようにして取り除きます。
  2. アジの頭を胸びれの後ろから落として、お腹を開いたら内臓を取り除きキレイに水洗いします。
  3. ゼイゴは固いので尾の方から包丁を沿わせて上下させながら取り除く。
  4. 中骨に包丁を沿わせながら、背中とお腹に切り込みを入れます。
  5. ここまできたら中骨だけに身がくっついてる状態なので、尾に包丁を差し込み頭の方に向かって切って上身を下ろします。
  6. 反対側も同じようにして下す。
  7. 腹骨と小骨は食べる時に邪魔なので取り除いておきましょう。
  8. アジについた水分をキッチンペーパーなどでふき取っておく。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

3枚下ろしが苦手な人は、あらかじめ下ろしてあるアジを買うのが良いかと思います。

②食材の下ごしらえ

  1. 3枚下ろしにしたアジは、塩と胡椒をふり薄力粉をまぶしておく。
  2. トマトはヘタを取り除き、1cmくらいの角切りに。
  3. ニンニクは皮をむいて、包丁の腹でつぶしておく。
  4. 鷹の爪は中のタネをとりのぞいておく。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

辛いのが好きな人は、鷹の爪のタネごと煮込んでも美味しいですよ!

③煮込み〜盛り付け

  1. 冷たいフライパンにオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を入れたら弱火にかけてじっくり火を通す。
  2. ニンニクと鷹の爪から香りが出てきたらアジを入れて皮目から焼きます。
  3. 焼き色がついたら裏返し、白ワインを加えて強火でアルコールを飛ばす。
  4. トマトを加えたらトロッとするまで弱火で2〜3分ほど煮込みます。
  5. 味見して塩気が足りなければ塩で味を整えて、分量外のオリーブオイルを回し入れたら完成です。
  6. お皿に大葉をしいて、完成したアジのピリ辛トマト煮込みを盛り付ける。

【補足】

・3枚下ろしは少し難しいので、ぶつ切りにして油でカラッと揚げてから煮込むのも良いです。
・今回はトマト以外の野菜は入れてませんが、食物繊維たっぷりのキノコ類を加えるのもおすすめです!

まとめ:アジを食べてお腹の冷えを予防しよう!

『アジのピリ辛トマト煮込み』をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

アジと同じ温性の食材である、白ネギや生姜などを入れるのもおすすめです。

夏は、お腹を冷やしやすい季節ですので注意しましょう!

冷えても美味しいので、まとめてたくさん作り置きしておくのも良いかと思います!

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事