アサリと豆苗のお吸い物の作り方・レシピ

今回ご紹介するのは【アサリと豆苗のお吸い物】です。

アサリ+豆苗の組み合わせは、

・吹き出物(ニキビなど)
・ストレス解消
・咳(せき)や痰(たん)
・むくみ

薬膳では上記のような効果があります。

今回はアサリの旨味を活かす為にお吸い物にしましたが、リゾットや雑炊もおすすめです。

風邪を引いてしまって食欲がない時、貧血気味の時に飲んでみて下さい。

温かいお吸い物があなたの体を癒してくれますよ!

  • 材料
  • 情報
  • 薬膳効果
  • キーワードで検索

アサリと豆苗のお吸い物の材料(2人前)

  • アサリ・・・1パック
  • 豆苗・・・1パック
  • だし(※)・・・500ml
  • 薄口醤油(濃口醤油でも可)・・・20g
  • 酒・・・20g

✔お吸い物の黄金比率

【だし:薄口醤油:酒=25:1:1】

アサリと豆苗のお吸い物の情報(2人前)

【調理目安時間】10分

【カロリー】112kcal(一人前あたり56kcal)

【材料費】300円前後

【塩分量】2.9g(一人前あたり1.45g)

カロリーはおよその数値になります。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

アサリの塩分量は含まれてません。塩分を抑えたい時は、アサリを水につけておくなどして塩分を抜いて下さいね

アサリと豆苗のお吸い物の薬膳効果

  • 吹き出物(ニキビなど)
  • ストレス
  • 咳(せき)や痰(たん)
  • むくみ

解毒作用のある豆苗と体を冷やすアサリの組み合わせる事で、咳や痰・吹き出物・ストレス解消により効果的です。

また、どちらの食材も鉄分が豊富なので貧血予防としても効果が期待できます。

・風邪
・貧血
・イライラする

こんな時にはスープやお味噌汁にして飲むのがおすすめですよ!

アサリと豆苗のお吸い物の作り方

①アサリ・豆苗の下ごしらえ

買ってきたアサリは、基本的に砂抜きする必要はないと思いますが、念のためにしておく事をおすすめします。

  1. 塩分濃度3%の塩水を作り、ボウルにザルを重ねてアサリと塩水(アサリの頭が隠れるくらい)を加えます。
  2. 冷暗所(※)約1時間くらい放置しておけば、アサリが砂をはいてくれます!
  3. 豆苗は根元を切りよく洗ったら、3等分に切っておきます。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)明るい時は、新聞紙などをかぶせて光を入らないようにしてあげると良いですよ
画像

>>>砂抜きの詳しい方法は、アサリの砂抜き・保存方法【冷蔵と冷凍の計4パターンを完全解説】を参考にしてみて下さい

3%の塩水を作る

ボウルにザルを重ねてアサリと塩水を入れる

こんな感じで、少し砂を吐いてくれます。

豆苗は、3等分に切る

②アサリの火入れ

  1. 鍋にだしとアサリを加えたら、中火にかけて沸騰させます。(※1)
  2. 沸騰したら弱火に落とし、アクが出てきたらお玉などで取り除きます。
  3. 1〜2分したらアサリの口が開いてくるので、別の容器に取り出しておきましょう。(※2)
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※1)アサリは凍らせると旨味がアップするのでおすすめです。

(※2)アサリなどの貝類全般は、火を通し過ぎると身が縮んでかたくなるので口が開いたら取り出しておくのがおすすめですよ。

鍋にアサリを入れる

だしを加えて中火にかける

沸騰したら弱火にする

アクをとる

身がかたくなる前に取り出しておく

③お吸い物の味付け

  1. 酒・薄口醤油を加えて一煮立ちさせます。
  2. 豆苗をいれて約30秒ほどサッと煮込みます。
  3. 火を止めて、取り出しておいたアサリを戻し入れたら完成です。(※)
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)その日の内に食べきれない時は、アサリだけ別の容器に移して冷蔵庫に保存しておき、食べる時にスープのみを温めてあげるとアサリの身がかたくなるのを防ぐ事ができますよ!

お酒を加える

薄口醬油を加える

豆苗を加えて約30秒煮込む

アサリを戻し入れたら完成!

補足

・水と一緒に凍らせたアサリを使う場合は、【アサリを凍らせた水+だし】の分量を合わせて500mlになるように調整して下さい。

もしアサリを凍らせた水の分量が分からない時は、アサリの口を開けて取り出した後で水分量が500mlになるように調整すればOKです。

まとめ:温かいお吸い物は、癒し効果バツグンです。

【アサリと豆苗のお吸い物】の作り方をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

疲れた時やイライラした時に飲む温かいお吸い物は、癒しと疲れを緩和してくれます。

美味しいので、ぜひ作って飲んでみて下さいね。

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事