• HOME
  • 料理の基本
  • アサリの砂抜き・保存方法【冷蔵と冷凍の計4パターンを完全解説】

アサリの砂抜き・保存方法【冷蔵と冷凍の計4パターンを完全解説】

春〜夏(3月〜6月)にかけて旬を迎えるアサリ。

スーパーなどでもよく見かけたり、潮干狩りでとってきたりして食卓に並ぶ事も多いと思います。

この記事では、そんなアサリの正しい保存方法について完全解説します。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/ryouri_woman_manaita1-300x300.png

「アサリの保存方法や砂抜きの方法を詳しく知りたい!

冷蔵庫や冷凍庫で保存したいけど、やり方が分からない。

どのくらいの期間保存できるの?」

そんな疑問に答えていきます。

作る料理によってどのような保存方法が適しているのか?

そのあたりも詳しく解説してますので、この記事を読んで参考にしてみて下さい。

保存する前に砂抜きをしておこう!

スーパーなどで売られているアサリは、基本的に砂抜きされてる場合(一部を除く)がほとんどなので、この工程はほぼ必要ありませんが、潮干狩りなどで取ってきたアサリは砂抜きという工程が必ず必要になります。

保存する前にしっかりと砂抜きをしてかないと料理が台無しになるので必ず行うようにしましょう!

砂抜きの方法

  1. 初めにアサリの貝殻の表面についた汚れを落とすために、両手でアサリをはさみんで手でこすり洗いします。
  2. 3%の濃度の塩水(※1)を用意する。水の中に塩を入れたらよくかき混ぜて塩を溶かしておく。
  3. ボウルにザルを重ねてアサリを入れたら、アサリが頭隠れるくらいの塩水を加える。(塩水が多すぎると息が出来ずにアサリが死んでしまうので注意)
  4. ボウルの上に新聞紙などをのせて冷暗所(夏などの気温が高い日は冷蔵庫か涼しい場所)に約1時間〜一晩くらい放置して砂をはかせます(※2)

(※1)水1リットルに対して、塩を30g加える。
(※2)潮干狩りしたアサリ・・・一晩くらい
     スーパーなどで売られているもの・・・約1時間

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

ボウルにザルを重ねるのは、アサリが吐いた砂をもう一度吸い込ませないようにする為だよ

手でこすり洗いする。

3%の塩水を作る

ボウルにザルを重ねて塩水にアサリをつける

新聞紙でおおってあげると砂をよく吐いてくれる

見にくいかもしれませんが、スーパーで買ったアサリでも少し砂を吐いているのが分かります!

冷蔵庫で保存する方法

  1. 砂抜きしたアサリは、ザルにあげて流水で軽く洗います。
  2. 頭が隠れるくらいの塩水を入れて冷蔵庫で保存します。
  3. 約2〜3日くらい保存可能です
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

塩水は、毎日新しいものに変えてあげたほうがアサリの鮮度が保たれます。
ただ、冷蔵庫だと日持ちしないので早めに使用するのがおすすめだよ!

冷凍庫で保存する方法(3パターン解説)

パターン①水と一緒に凍らせて保存☚一番長期保存が可能

  1. 砂抜きしたアサリは、ザルにあげて流水で軽く洗います。
  2. タッパーなどにアサリと水(アサリが隠れるくらいの量)を入れて冷凍庫で保存します。(※)
  3. 約3か月くらい保存可能です。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)水がアサリを包んでくれているので空気に触れることがないため、酸化させる事なく長期保存が可能!

料理に使う時は凍らせた水ごと使用します。

・スープ
・味噌汁
・酒蒸し
・アクアパッツァ
・リゾット

こんな感じで凍らせた水ごと料理に使えるような時は、この保存方法がおすすめです。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

酒蒸しにする場合は、水をお酒に変えて凍らせてもOK!

パターン②そのままの状態で保存

  1. 砂抜きしたアサリは、ザルにあげて流水で軽く洗います。
  2. アサリを一度氷水につけて、ザルで水をきります。(※)
  3. 保存袋にアサリを入れてしっかり空気を抜いて密閉してから冷凍庫で保存します。
  4. 約2〜3週間くらい保存可能です!
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)アサリを氷水につける事で表面に氷の膜ができるので酸化防止になります。

アサリを氷水につける

ザルで水を切る

保存袋に入れて冷凍する(しっかり空気を抜く)

✔料理に使う時は、凍ったままの状態から調理しましょう!(解凍させるとアサリの口が開かない事があります)

・パスタ
・パエリア

こんな感じでアサリを料理に使う時に、水がない方が使いやすい場合はパターン①よりもこっちの保存方法がおすすめです。

ただ、少し保存期間が短くなるので注意が必要です。

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

保存袋に保存期限を記入しておけば忘れることなく使うことが出来ますよ。


パターン③むき身にして保存

  1. 砂抜きしたアサリは、ザルにあげて流水で軽く洗います。
  2. フライパンにアサリと水を少し加えたら蓋をして中火にかけます。
  3. アサリと水の量にもよりますが、沸騰してから2〜3分したらアサリの口が開いてくるので開いたら火を止めます。
  4. ボウルにザルを重ねて、アサリとアサリのだしを分けます。(※)
  5. アサリの身は殻から外して冷ましたら、保存袋に入れて空気をしっかり抜いて保存!
  6. アサリのだしも料理に使えるので、すぐ使わない場合はタッパーや保存袋に入れて冷凍保存しましょう。
  7. アサリのむき身・アサリのだしは、冷凍庫で約2〜3週間くらい保存可能です。
https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

(※)アサリのだしに殻が混ざってる場合があるので、キッチンペーパーなどで裏ごしするといいですよ

✔むき身を料理に使う場合も凍ったままで使いましょう!

・炊き込みご飯
・煮浸し
・ピラフ
・しぐれ煮
・佃煮
・雑炊

こんな感じの料理に使う場合は、むき身で冷凍するのがおすすめ!

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

アサリのむき身だけだと旨味が少し足りないので冷凍したアサリのだしもうまく活用しましょう!

アサリは凍らせると旨味が倍増!

アサリなどの貝類に含まれる旨味成分である「コハク酸」は、冷凍する事で倍増!

https://itousan-blog.com/wp-content/uploads/2020/04/character_gorilla_hardboiled1-300x300.png
ゆうき

一度冷凍して細胞を壊す事でアサリから旨味が出やすくなるんだ!

冷凍するだけで、美味しく日持ちするので一石二鳥かなと思います。

冷凍する時は、作る料理に分けて冷凍保存の仕方を変えてみて下さいね!

まとめ:冷凍保存がおすすめ

結論:アサリを保存する時は、冷凍保存がおすすめ!

記事の内容をまとめると…

・潮干狩りでとったアサリは、よくこすり洗いで汚れを落として砂抜きする事
・スーパーなどで購入したアサリは、基本的に砂抜きは不要(一部を除く)
・冷凍保存する場合は、作る料理に分けて変えると使いやすくて便利
・同じ冷凍保存でも、保存方法によって保存期間が少し違うので注意!
・冷凍するとアサリの旨味が倍増

こんな感じですかね。

この記事を参考にして、新鮮で美味しいアサリで料理を作って欲しいなと思います!

補足

・口が開いてるアサリ
・殻が割れているアサリ
・臭いがあるアサリ

上記のようなアサリは、食べない方がいいので砂抜きする前に捨てておきましょう!

料理・お菓子作り、韓流ドラマが大好きな30歳です。 16歳で飲食の世界に入る→過労とストレスで倒れる(30歳)→現在は働きながらブログで健康レシピ・ダイエットレシピや料理に関する知識を主に発信。自由な人生を謳歌する為に新しい生き方を模索中…

プロフィール

あわせて読みたい記事